ハト退治はプロの業者にお任せ|信頼のサービスでトラブル解消

小さな害虫の駆除方法

作業員

肉眼で確認することが難しいほど小さな害虫は少なくありません。南京虫と呼ばれることもあるトコジラミは、布団や畳で繁殖し、住人の就寝時に吸血を行なうという生態の害虫です。肌に赤い湿疹や吸血痕が現れ、強い痒みを引き起こします。市販の殺虫剤が効かないことも多いので、繁殖した全てのトコジラミを駆除することはとても難しいのです。成虫のトコジラミは肉眼で確認出来るサイズですが、目に見える範囲の害虫だけを駆除しても、多くの幼虫や卵を駆除しない限り意味がありません。トコジラミの駆除は業者に依頼することが効果的です。

畳の隙間や布団などに黒くて小さな砂のようなものが付着している場合、トコジラミが繁殖していることを疑う余地があります。トコジラミが繁殖することでアレルギー症状が起こることもあり、糞は特にアレルゲンとして問題視されています。就寝時に体が異常に痒くなったり、体全体に虫刺されのような痕が現れたら、すぐに駆除を依頼しましょう。ペットを飼っている家庭などはトコジラミの繁殖リスクが高いと言えます。散歩時などの外から家の中に運ばれたトコジラミが、住人やペットの体を吸血しながら繁殖してしまうのです。確実に全ての害虫を駆除するには、専用の殺虫剤の散布などが必要不可欠になるので、業者を見つけるようにしましょう。トコジラミの駆除を行なってもらう前に、費用を確認しておきましょう。料金トラブルは作業後に起こりがちです。明瞭会計の駆除業者であればトラブルの心配もないので、嫌な害虫の駆除を安心して任せられます。