ハト退治はプロの業者にお任せ|信頼のサービスでトラブル解消

刺されると危険なハチ

ハチの巣

ハチは益虫としても知られています。花粉の交配や蜂蜜作りに欠かせない存在で、国内のどの地域でも生息している昆虫の1種です。しかし、そんなハチが時に害虫として被害をもたらす恐れがあります。アシナガバチは普段はおとなしいのですが、巣に近寄ることなどがきっかけとなり、一気に攻撃してくる可能性があります。ハチの中には強い毒を持つ種類が存在しますが、アシナガバチも毒を持っているので、不用意に近寄ることは避ける必要があるでしょう。もしも住まいのどこかに巣を作られてしまったら、まずは近寄らないようにして、駆除を要請することが大切です。ハチの巣の駆除は慣れていれば素人でも行なえますが、相応の危険が伴うため、刺されないような対策が十分に行なえない場合は作業を止めましょう。

アシナガバチよりも攻撃性が強い大型のハチは複数存在し、害虫として恐れられています。アシナガバチはどちらかと言えばあまり害がないように思われますが、巣を無理やり駆除しようとしたり、生息範囲に足を踏み入れたりすると、集団で攻撃してくる可能性もあるのです。刺されるとアナフィラキシーショックという症状を起こし、最悪の場合は死に至ってしまうケースもあります。巣を発見したら専門の駆除業者に連絡することが大切です。巣は人の手が届かないような場所に作られることが多いので、専用の器具でしっかり駆除してもらいましょう。費用は業者により異なります。安い費用で安全な作業を行なってくれる駆除業者は多いので、困った時にはそういった便利な業者を探すことが最適です。